2011-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然の音楽

お別れの時、出棺時に音楽をかけさせていただいております
最近は故人が生前お好きだった音楽を流すことも少なくありません
 
先日執り行わせていただいきました葬儀式でも、故人がお好きだったアルバムを
出棺時に流させていただきました。
 
ご遺族から2枚CDをお預かりして最後のお別れの時に音楽を流し始めました
故人がお好きだった音楽が次々と流れる中、悲しいお別れの時間が過ぎてゆきます
お別れの時間も終わり、出棺です。
 
親族の皆様の手で霊柩車に納められたお棺を悲しく見つめておられるご遺族
 
本当にせつなく悲しい時間です。
 
霊柩車の運転手が一礼し、ドアを閉めようとしたその時、ご遺族の娘様お二人が同時に
「あー」と声をあげられました。
 
驚きのお声でしたので 私は一瞬状況を把握することができませんでした
「母が一番好きだった曲なんです」と1人の娘さんがおっしゃいました
お二人はとても感激されており、感謝をしていただきました。
 
しかし、打ち合わせをした訳でもなく、選曲した訳でもありません。
偶然そのタイミングで流れた曲がお母様が一番好きだった曲でした。
 
娘様お二人とお母様はとても仲良しで3人で食事をしたり、旅行に行ったり、音楽を聴いたりと
いつも一緒に居られたそうです。
 
この曲が流れたのは偶然なのかもしれません。
 
でも、こんなに仲良しで楽しく暮らしておられたご家族に神様がくださった最後の贈り物だと思いたいですね
このご家族にこの音楽が流れてお別れできたのはきっと必然だったのだと思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

葬儀・お墓

先日、週刊誌で葬儀・お墓の特集をしていました。
最近このような特集をするTVや雑誌をよく目にします。
悪徳な葬儀業者や墓業者をピックアップして掲載するのでまじめに商売をする同業者は迷惑ですね


 
しかし、世間が今の葬儀のあり方に疑問を感じているから、このような記事や報道をされるのかもしれません
私たち業者もそのことをしっかりと把握して業務に取り組むべきですね

 
執り行わせていただいた皆様に納得をいただける業者でありたいと思います

人生の終いじたく だって気になるじゃない、死んだ後のこと。

 
(人生の終いじたく(しまいじだく) だって気になるじゃない、死んだ後のこと。)
 
上記タイトルは中村メイコさん著の本です。
最近、この本を紹介されている場面によく遭遇します。
 
残念ながら私は、まだ読んでおりません。とても興味がある内容なので是非読んでみたいと思います
 
年齢を重ねると 自分の’死’を少しづつ意識する時間が増えていきます。
それがいつ訪れるかはわかりませんが、そのときを迎えていも家族や知人に迷惑にかけないよいうに準備する。
それは必要なことだと思います。
 
手段は、遺言書やエンディングノートなどいろいろあります。
ただ、こればかり意識しても残りの人生面白くないのではないでしょうか
必要な’しまいじたく,をして、残された時間を楽しく、有意義な時間にする。
そのことを考え、実行して 人生を終えたほうが楽しいのではないでしょうか
 
 
 

感謝の言葉

奥様を亡くされた寡黙なご主人のお話です
 
喪主のご主人、息子様2人とそのご家族総勢8人の小さな家族葬儀でした
 
寡黙なご主人は、通夜、葬儀ともあまりお話にならず静かに奥様を見送られておられました。
葬儀を終え、お骨揚げも終わり、息子様とお話をして、ご主人さまとはお話をする機会なく、その日はく引き取りました。 2日後にご自宅に集金に伺いました。ご主人さまお一人だけがご在宅で、一通りご説明させていただき、領収も済み玄関を出るときに私に一言「感謝します」とおっしゃいました。
 
口数が少ないご主人が発したお言葉は非常に重たく感じました
葬儀社の責任を改めて感じる瞬間であり、葬儀屋冥利に尽きるお言葉です
ありがたくそのお言葉を頂戴して帰りました。
 
 

http://www.cere-ikeda.com/  セレモニーいけだ
 

事前見積もり2

事前見積もりをご希望される方が増えてきています。
親子でお越しになる方・親の事をご心配されての方・お子様に迷惑をかけないようにとご自分の事で相談される方など様々です。当社では事前相談を丁寧に行うことをモットーにしております。
事前予約に来ていただいた方には特典があるように務めております。
どんなことでも結構ですお立ち寄りくださ。
 
セレモニーいけだ http://www.cere-ikeda.com/

事前見積もり

葬儀料金はわからないことが多いと思います。
まず、どこの葬儀屋さんに行けばいいのかも迷ってしまいます。
お元気な時から色んな葬儀屋さんをまわって事前見積もりをしてもらうのも1つの方法です
 
何社か見比べると葬儀の流れも理解できてくるのではないかと思います
もし、各社をまわるのがめんどくさいのならばホームページから問い合わせて見積もりを出してもらうと
いいですよ セレモニーいけだのお問い合わせフォームからもお見積いたします。
匿名でもかまいませんのでお気軽にお問い合わせください
 
セレモニーいけだ  http://www.cere-ikeda.com/
お問い合わせはコチラ→http://www.cere-ikeda.com/category/1412602.html

葬儀費用

ベストセラーになった本に日本の葬儀費用は高いと書いてありました。
平均費用は231万円で世界でダントツとの事です・・・
 
各国々の平均葬儀費用はイギリスが12万円・韓国37万円・アメリカが44万円だそうです
平均費用だけ算出すればそうなるのかもしれません。
 
しかし、式の内容・文化・宗旨・宗派が違う異国の平均を比べるのは少し変だなと思いました。
国や文化が違うところでどんな平均費用を算出しても開きが出てくるのは当然ではないでしょうか
日本国内の都道府県での平均費用の違いなら県民性・地域性を知ることができ、わかるのですが・・・
 
葬儀は日本人が重んじてきた文化であり、そこに費用をかけるのも日本人の性質からなのではないのかと思います。 故人をいたわり先祖代々のお墓をお参りし、家に仏壇があり、そこでも手を合わせる。素晴らしい文化ではないでしょうか、そんな日本人だからこそ大切な人を亡くされたときに故人を想い極楽浄土へとの想いを込めて現在の形式の葬儀をされるのだと思います。
 
もちろんご遺族が納得できない費用を払わされたのなら問題があります。
ご遺族が納得されて、正当な請求ならばそれでいいのではないでしょうか
お金を出されるのは、故人・ご親族・会葬者に対するご遺族のお気持ちです
 
ただ、一番大切なのは、葬儀費用ではなく、故人を想う気持です。
小さな葬儀も大きな葬儀も故人を想う気持ちを大切におみおくりをすることが大切なのです。
 

久安寺


 
ホームページにお寺様訪問記のページを増設いたさいました。
第一弾は池田市伏尾町の久安寺様に伺いました
自然豊かな広大な敷地に歴史ある建造物が何塔も建ち並ぶお寺様です
 
本当に心が落ち着きパワーを感じ取ることにできる場所でした
是非、足を運んでみてください

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ceremonyikeda

Author:ceremonyikeda
池田市の葬儀社 セレモニーいけだです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (463)

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

セレモニーいけだ カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。