FC2ブログ

2014-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切実と・・・

こんばんは。

池田市の葬儀屋 セレモニーいけだの加藤です。

我々の事務所には、あるお寺様に頂いた日めくりカレンダーがありまして、これが毎日毎日、切実と心にしみるお言葉が綴られているのであります。

お寺の住職のお言葉なのですが、我々の身近に起こりうる・思っていてもなかなか行動に移せない事象などなどズバッと言い切っておられ毎日刺激を頂いております。

そして今日のは特別心に響きまして、ご紹介させていただくわけでございます。

DSC_1997.jpg

出社してカレンダーをめくりますとこの言葉が・・しみじみ・・・

下には

『お母さんに限らず、普段から自分を支えてくれている人への感謝は絶対忘れてはならん!』

とあります。

「うまくいっとるか?」と聞かれたら「・・・」
返答に困ります。。


吉幾三の「かあさんへ」という曲が頭を流れます。


今晩、色々考えてしまって、眠れるか少々心配であります。


明日から二月に突入します。
気を引き締め、心新たに邁進すると決心しました、本日であります。



㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤
スポンサーサイト

『続・お寺様訪問記』・大阪市 四天王寺様

こんばんは。

池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。

本日は終日、雨。今も降り続いております。


さて本日は、先日お伺いしたお寺様 四天王寺様を僭越ながら・・・ご紹介をさせていただきます











和宗総本山 四天王寺
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目11番18号

DSC_0230.jpg
入り口です。

沈む夕日
沈む夕日をバックに・・・
DSC_0199.jpg


お寺様訪問記と題しまして以前にも、この場で池田市のお寺様をいくつか紹介してまいりましたが、ヒョンな事で大阪市内に出かけることがございまして、これまたピョンと四天王寺様にお邪魔する機会がございました。

この場でとやかく言うには大変恐れ多い程に、厳格で歴史あるお寺様であります。

日本の仏教の世界では大変有名なお寺の一つであります四天王寺。
DSC_0202.jpg
シンボルの五重塔


境内の建造物は、古代の建築様式そのままの大変貴重な建物の数々です。
建立はなんと、聖徳太子の時代、今から1400年以上も前といわれています。
その聖徳太子が当時起きていた内乱(丁未の乱・ていびのらん 仏教の礼拝をめぐっての争い)で聖徳太子が支持した側の不利を打開する為に自ら四天王像を彫刻し、勝利を収めた暁にはこの像をお祀りする寺院を建立し、人々の救済を祈願すると誓願されました。結果、勝利しその誓いを果たされ、四天王寺建立に至ったとされています。


お太子様のお寺・庶民信仰のお寺として今もなお立派に存在しているわけですが、長い歴史の中では、明治維新の政策・台風・世界大戦など幾多の危機に見舞われました。

しかし、各方面たくさんの方々の尽力により再興され創建当時のままに今なお、継承されているのです。


四天王寺は天台宗から独立した、和宗の総本山です。


お彼岸・お盆の時期には露天が多数出店され、賑わいを見せるそうです。
これは、江戸時代から続く習慣だそうですよ!

DSC_0220.jpg
DSC_0221.jpg
境内の中央に位置するお堂。六時礼讃堂。   重要文化財

DSC_0219.jpg
北鐘堂。正式には黄鐘楼   境内にはこのほか、鐘堂がいくつもあります。


とても大きな境内に圧倒され、見事な古代建築の数々に圧倒され、その歴史に圧倒され
私はその場に伏する思いで、見学をさせて頂きました(少し言いすぎです)


樹木の年輪に然り、積年の重みというものを目で肌で実感できる、お寺様でありました。





㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo20> 『葬儀の為の遺言書』

皆様、本日もお疲れ様でございます。

池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。

本日もまた、比較的温かい日中となりました。

気がつくと1月も終わろうとしています。

ホント日が経つのが早い

毎日を今以上に、意味のあるものにしていかないとと・・・自分に言い聞かせ・・・



さて、本日、最終章。The葬儀です。



<The葬儀Vo20>

『葬儀の為の遺言書』
 
 以前から、弊社のホームページでも紹介しております、“エンディングノート”。最近では、認知していらっしゃる方が多くなってきましたが、人生の最終章を迎えるにあたって、ご自分の葬儀形式や資産説明等、遺された方が困らないように残しておくためのノートです。遺言書とは違い、これは法的に効力を持つものではありません。
 遺言書は、公正証書遺言以外、裁判所に提出して相続人すべての立会いの下に開封することになっています。ですから、遺言書の内容は葬儀前にはわからないことが大半です。ですから、ご自分の葬儀についての希望や、お墓のこと、臓器提供の有無などは遺言書とは別の『エンディングノート』すなわち『葬儀の為の遺言書』に書き記しておくと、残された者の助けになりますし、ご自分も納得ができます。

 葬儀内容はもちろん、死亡後の連絡リスト、葬儀費用についてなど、不安な事はたくさんあるはずです。それらを書き記し、保管場所を明確に家族に伝えるようにしておきます。
 『葬儀の為の遺言書』は法的な効力はないものの、トラブルの防止にもなると考えます。葬儀では、『身内間で意見が合わないで困った』と言う声がよく聞かれます。
 故人の遺志がはっきりと記録されていれば、トラブルは未然に防げるでしょう。


当社でも、エンディングノートをご用意しております。
ご入用の方は、お気軽にお問合せ下さい。



㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo19> 『葬儀のマナー④』

こんばんは。

池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。

昨日、花瓶に入れた、梅の枝。

本日見事に咲いておりました。
DSC_1990.jpg


枝の後方を少し切って水につけたのがよかったのか、花瓶の中の水もやたらと減ってかなりの水分を吸収したと思われます。

梅の花に見習い、わたくし自身も、たくさんの物事を吸収し、早く咲き誇りたいものですが・・・


あっ、あと、食べ物で遊ぶのはよくありません
DSC_1991.jpg




さて、残り二巻となってまいりました。
どうぞ、ご覧下さい。




<The葬儀Vo19>
『葬儀のマナー④』

 前回は「不祝儀袋」についての書きましたが、おのずと、じゃあ中身はどれくらい?となります。

 香典の金額は、喪家とのお付き合いの程度やご自身の立場、年齢、また住む地域によって違ってきます。

 あくまで、一般的な相場ですが、表にしたものを弊社のホームページ上で紹介しています。ホーム画面の「お役立ち情報」からご覧ください。

http://www.cere-ikeda.com/

  また、「香典に新札はよくない」と言われますが、これは、不幸に対して準備をしていたように思われるから、というのが理由です。
とは言いながら、今や金融機関にいけば簡単に古いお札を新札に変えてくれる時代です。
あまり神経質になる必要はないでしょう。
反対に、あまりに使い古されたお札は手にして気持ちのいいものではありません。気になるようでしたら、折り目をつけてからお包みになるといいでしょう。





㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo18> 『葬儀のマナー③』

こんばんは。
池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。

本日はよい天気に恵まれ、日中は非常に気持ちのよい気候だったように思います。

立春まではまだ何日かありますが、当方の事務所内には、春らしい雰囲気をふわふわと醸し出す仲間が本日お目見えしました。

DSC_1987.jpg

室内が温かいせいか、1日で早くも花を咲かせておりますが・・・。

あるのとないのとではぜんぜん違うもんですネ。


さて、本日もレポートを掲載しております。



<The葬儀Vo18>
『葬儀のマナー③』
  今回は、不祝儀袋(香典袋)のマナーについてです。

最近では、お葬儀の形式が変わると共に、お香典の受け取りをご辞退される喪家の方が多くなってきましたが本来は、故人に対する供え物という意味がありますし、不意の出来事に対する支援にもなりますから、お気持ちがあるのであれば、お葬式に参列する際は持参するに越したことはないでしょう。

 そこで、不祝儀袋についてですが、一般的に黒と白の水引(帯紐のようなもの)がついた封筒に現金を包みますが、その水引の結び方は『不幸が二度とおきないように』とほどけない結び方になっています。
 表書きでよく悩まれる方がいらっしゃると思います。喪家の宗派が仏教の時は『御香典、『御香料』とします。49日以降の法要以降は『御仏前』とします。浄土真宗の場合はお葬儀の際でも『御仏前』とします。

 神道、神式の場合は、銀色の水引封筒を使うことが多いようです。白黒でも白でもかまいません。そこに『御玉串料』と書くのが通例です。『御榊料』、『御神饌料』と書くこともあります。

 キリスト教式の場合は水引のない白無地封筒か十字架や百合の花が印刷された封筒に『献花料』、『お花料』と書きます。
相手の宗教がわからない場合は、『御霊前』としておけば失礼はありません。
 また、袋の裏のとじ方として、上側を下にかぶせるようにして水引を掛けます。(イラスト参照) 

中袋には裏側に住所、氏名、金額を記入することも忘れてはなりません。



不祝儀袋2 2


㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo17> 『葬儀のマナー②』

こんばんは。
池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。

本日は日曜日。
朝方、出社します道中、年輩の方々の団体がリュックに登山靴といった装いでそれは楽しそうに会話をしながら、五月山方面に歩いて向かっているところに出くわしました。

街の中は、なんとなく静かにゆっくりと時間が流れているような、休日独特の雰囲気が漂っているように感じられます。

私も今日は、早めに帰宅をさせていただきゆっくりと時間を過ごしたいと思っております・・・。



<The葬儀Vo17>
『葬儀のマナー②』

 さて、葬儀に参列して少し戸惑ってしまうのが、礼拝のマナーではないかと思います。
 
仏式の場合では抹香による焼香が行われます。
 宗旨、宗派によって抹香を額におしいだいたり、その回数が異なったりと様々ですが、一般的な作法をおさえ、気持ちを込めて拝礼されるのが一番ではないかと思います。
もちろん、故人様の宗派を尊重されるのが最もよいですが、解らない場合はご自分の宗派の作法で構いません。また、数珠に関してもご自分の宗派のもので構いません。
不安な場合は、近くにいる葬儀社のスタッフに聞いてもいいかと思います。
 あくまで参考の基本的な作法ですが、
 抹香を親指、人差し指、中指の3本で軽くつまみ目の高さまで捧げてから、静かに香炉にくべます。一般的には、焼香、従香の二回(宗派によって異なる)、終わった後は静かに合掌して一礼、僧侶、遺族に一礼して元の席に戻ります。

 神式では玉串を祭壇に捧げる『玉串奉奠(タマグシホウデン)の儀』が行われます。玉串奉奠の際の拍手は、死後1年目の1年祭までは手のひらを合わせる寸前に
止め、音を立てない『忍び手』で行います。

 キリスト教式では、白い花を捧げる『献花』が行われます。
花は必ず両手で持ち、根元が祭壇に向くように捧げます。
 昨今では宗教儀礼を省き、お別れ会という形式でお葬式を行うこともありますが、その際も『献花』でお別れすることが多いです。

いづれにしても、故人様を〟想う〟気持ちを大切に、拝礼されるのが一番である事に異論はないはずです。


㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

The葬儀 Vo16〉 「葬儀の基本マナー」

こんばんは。

池田市の葬儀屋 セレモニーいけだ 加藤です。

お正月のなんとなく気だるい感覚もようやく抜けきって、ますます行動意欲が湧きに湧きまくっております、私でございます・・・

しかしながら、マー君すごいですね
早くシーズンが始まって、活躍を拝みたいものです。


本日も、レポートを掲載しております。



The葬儀 Vo16〉
「葬儀の基本マナー」

 皆様は当たり前のこととして認識していらっしゃるでしょうが、昔は弔辞の際、喪服を着るのは、喪に服する人、つまり遺族だけが着るものでした。
 現代においては、死者に対しての礼儀として、死を悼む気持ちをあらわす意味として、葬儀に参加する誰もが喪服を身につけることが一般的になってきました。
 遺族や近親者の場合、通夜、葬儀を通じて正式礼装で臨むのが基本です。
 一般の会葬者として葬儀に参加する場合は、準礼装、略礼装で構いません。
 男性の場合、正式礼装はモーニングですが、現在では準礼装のブラックスーツが一般的です。
 女性の場合、正式礼装は、洋裁、和裁とも同格です。よく、「和服を着ないとダメかしら」とお尋ねなる方がいらっしゃいますが、どちらでも良いということです。
洋装では、無地黒のシンプルなデザインのスーツやワンピース、アンサンブルなどがよいでしょう。
和装の場合は、黒無地染め抜き五つ紋付が正式です。

 また、仕事帰りのとりあえずの弔問や三回忌以降の法要などはダークな装いであればかまわないと思います。








㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo15> 『葬儀プランを考える③』

こんばんは。

池田市の葬儀屋 セレモニーいけだの加藤です。

最近は、夕方5時を過ぎてもまだ日が沈んでおらず、つくづく地球がまわっている事を実感いたします今日この頃でございます。
本日は、実にあたたかな気候であります。

さて、本日もレポートを掲載いたします。



<The葬儀Vo15>
『葬儀プランを考える③』

葬儀プランを考える上で何についてまず考えればいいのか。
簡素に3点の項目を挙げてみますと

1.どのような形式で行うのか?
  仏式、神式、キリスト教式など、宗教によるところの葬儀を行うのか、それとも無宗教式で執り行うのか。
  規模(どれくらいの人にお知らせするのか)はどのくらいにするのか。
  それに応じて式場はどこするのか。

2.喪主は誰がするのか?
  一般的に、配偶者や子供が務めますが、自分の思う通りの葬儀を行ってくれる   人を決めておくといいでしょう。

3.葬儀費用はどれくらいにするのか?
  規模や地域によって平均的な葬儀費用は様々ですが、遺族に負担をかけたくな  い場合は、費用を準備しておくといいでしょう。

上記のポイントを押えて考えるとお葬式の全体が見えてきます。
と、言ってもやはり慣れていることではありませんから難しい部分もあると思います。
ですから、ご自身で考えられた後、我々のような、何件もお葬式に携わってきたプロに細かな相談をされるのが、葬儀プランを考える上での近道ではないかと思いす。



㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo14> 『葬儀のプランを考える②』

こんばんは。
池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。


連日お届けしております、レポート『The葬儀』。
『今日もかよ!!』とお叱りのお声も頂戴しておりますが・・・。

完結まであと5項ほどありますので、もうしばらくご閲覧お願いしたく思うところでございます。

それでは・・・

<The葬儀Vo14>
『葬儀のプランを考える②』
 さて、前項で家族に「人生の締めくくり方を伝えることが大切」と申し上げましたが。
『葬式もお墓もいらない、遺骨は海にでも撒いてくれればいいから』と冗談のように言う人がいますが、曖昧な意思の伝え方はかえって戸惑わせることになるような気がします。

 一般的な葬儀ではなく家族葬や海への散骨葬などをお考えの場合は、当社や他の葬儀屋さんで生前相談や契約などをで内容を明確にし、書類などで第三者にも意志が伝わるようにしておかれることをお勧めします。
 
又、昨今ではお一人で人生を締めくくられる方やお子さんがおられないご夫婦をお見かけする機会が増えてきました。
万一の場合その後を、お世話してくださる親類や知人が勝手わからずに葬儀等々を行って、故人の意思にそぐわない結果となってしまわない為にも、死後の後始末に関してや葬儀の内容、お墓のこと、相続のことなど生前から準備しておけることに関しては、自ら整えておくと安心ですし、お世話する側も戸惑わずにすみます。

                     [『葬儀プランを考える③』につづく]




㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

<The葬儀Vo13> 『葬儀のプランを考える①』

こんばんは。
池田市の葬儀屋  セレモニーいけだの加藤です。

日中、ある用事で外回りを外回りをしておりましたが、時折、雪がちらちらと降って降りました。
池田市と川西市の間に流れる猪名川にかかる、呉服橋を渡っている最中には、枯れたススキの色とちらつく雪のなんともいえない情緒を感じさせる風景に少し見とれておりました、今日この頃でございます。

さて、本日も下記にThe葬儀を掲載しております。


<The葬儀Vo13>

『葬儀のプランを考える①』


葬儀を行う意味、最近多くなってきた家族葬について考えてきたところで、今度は具体的に葬儀のプランについて考えて行きたいと思います。
みずからの死や葬儀について考えるのは「縁起が悪い事!」ととらえる人もいますが、“人間の死”は今のところ必ず起こりうる事象であります。知識も準備もないまま、家族の死を迎えたときには遺族は大きな悲しみの中で戸惑いながら時間に追われ、十分なお別れができなかったと思う人が少なくありません。
元気なときから自分がどのように人生を締めくくりたいかを具体的に考え、家族に伝えておくことは、見送る側の不安や不満、戸惑いを和らげることになります。
もちろん普段の生活が第一です。その中で少しだけご自身の終末について考える時間を作ると、普段の生活により充実感が増すように思います。
                   [『葬儀プランを考える②』につづく]


㈱セレモニーいけだ
事前相談所 池田市新町1-4
電話番号 0120-28-3345
事前相談所 葬儀のことなら何でもご相談ください!
大阪府池田市の葬儀社セレモニーいけだ
http://http://www.cere-ikeda.com/
葬儀屋さんの日記
http://http://ceremonyikeda.blog.fc2.com/
㈱セレモニーいけだ  加藤

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ceremonyikeda

Author:ceremonyikeda
池田市の葬儀社 セレモニーいけだです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (463)

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

セレモニーいけだ カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。